2012年04月04日

IT・コンピュータ|自宅のPCのOSは何?

個人でPCを所持するのは当たり前のこの時代。安いもので4万円もあれば立派なPCが購入できてしまいます。1家に1台以上のPCがあることも珍しくないでしょう。あなたの現在主流で使用している自宅のPCのOSは何ですか?

>>いつも応援ありがとうございますbanner_14.gif<<

10年前から市場に出ているWindowsXP。IT業界において同じ製品が10年間使用されるというのも驚きですが、少し前の統計で企業の約90%がまだWindowsXPを使用していると出ていたので、これまた驚きました。

最近の不景気で、ITへの投資コストを削減している結果でしょうか。また、企業の場合は使用しているクライアントPCのOSに合わせて、自社のシステムや環境を整えているでしょうから、やみくもにOSを変更できないのも理由の一つとしてあげられるでしょう。

しかし問題なのがセキュリティ。OSにはそれぞれ「セキュリティ更新プログラムのサポート期間」というのがあります。
Windowsの場合は、WindowsXPが2014年4月、WindowsVistaが2017年4月、Windows7が2020年1月がサポートの終了期限となっています。

この期限を超えてしまうことは、セキュリティ上問題がある状態でPCを使用するようになることを意味します。企業側からすると、情報漏えいやシステムダウンにつながってしまうような可能性は、排除しなくてはなりません。そのため、この終了期限を迎える前に、OSの変更を考えなくてはならないのです。

とはいえマイクロソフトも、OS発売から10年以上もサポートをしてくれるなんて、消費者の立場からすると非常に良心的だと感じます。もともと2009年でXPのサポートが終了になる予定だったのですが、サポート期間を5年延長してくれたのです。

まぁ、OSがそれだけ長く使えるとしても、PC自体の寿命は5,6年とも言われているので、そっちの方が心配になったり。。

もちろん、新しいOSはすぐ試したい!という方も多数いると思います。
人によって色々なOSとの付き合い方があるのではないでしょうか。

>>この記事が参考になったら応援クリックお願いします<<

posted by コタロウ at 20:00 | Comment(0) | IT>コンピュータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: