2012年03月16日

本・書籍|速読できますか?

読書好きには小説やビジネス本はたまりません。時間を忘れて読んでしまうものです。しかし忘れていても時間は有限。できれば少ない時間でたくさんの本を読みたい、という気持ちは誰でもありますよね。そこで質問。あなたは速読ってできますか?

>>いつも応援ありがとうございますbanner_14.gif<<

速読は一つのビジネスになっているほどで、速読本、速読勉強会、速読セミナーなど、速読を覚えたい人には様々な選択肢があります。

でも速読ってそんな簡単にできるものなの?ものすごい本をたくさん読んだことがある人が、自然に身に付くモノなんじゃないの?と思うのが普通だと思います。

しかし、速読は誰でもできる!と言われています。

大きく分けて、速読は2種類あります。

・すべての文章を読む
・必要な個所だけ読む

当たり前ですが、文章を飛ばして読めばページをめくるスピードは速くなりますよね。これも一種の速読だそうです。でもすべての文章を読むのに速読って?と思いますよね。

それはまず、本を理解するプロセスを理解する必要があるようです。
本を理解するには

・文字を目で写す
・文字の意味を理解する
・文章をイメージづくる

の三段階を経ることにより、本の内容を理解できるわけです。

なので、「パパッと目を素早く動かして、ピタッと止めて文字を見る。そして頭の中にその情景を思い浮かべる」ということが速くできれば、速読は完成します。

そのポイントを重点的に鍛えることによって、速読を身につけるわけです。そして速読ビジネスはこの理屈に沿って速読力を向上させてくれます。


基本的には上記のやりかたで、速読というのは成り立っています。

あとは個人個人によって、速読のスタイルというのがあります。
始めて読む分野の本であれば、理解するのに時間はかかるし、文字を飛ばして読んだら意味がわからなくなるので、当然読む時間は長くなります。

しかしある程度精通している分野の本であれば、重要なポイントだけを抜き取って、イメージを繰り返していけば、その本を読み有益な知識を得ることが可能になります。

これらを使い分けて、本を効率的に読めば、よりよい読書ライフが送れるのではないでしょうか。

>>この記事が参考になったら応援クリックお願いします<<

posted by コタロウ at 11:34 | Comment(0) | エンターテイメント>本・書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: