2012年03月10日

資産運用|効果的な投資ってなに?

本業での収入が少なく、副収入がほしいと思う人は少なくないのではないでしょうか。
しかし投資といっても、初心者にはどの投資に手を出せばいいかわからないのも悩みどころ。そんなときは先達の方々に聞きましょう。資産運用に最も効果的な投資ってなんですか?

>>いつも応援ありがとうございますbanner_14.gif<<

2002年初頭に一度デフレを脱却したものの、民主党政権になった直後、再びデフレに突入しました。デフレになるとGDP成長率にマイナス影響を与えるので、景気は良くなりにくいのです。

そのため、厚生労働省が発表している現金給与総額は2000年前後からマイナス成長になっています。要するに、平均給与が下がっているわけです。もちろん個人レベルで言えば年功序列的に賃金が上がっていくこともあり、実感している人が多いわけではないと思いますが、以前と比べると、その昇給幅は小さくなっていわけです。

そこで、副収入に望みをかける人も多くなっていると思います。
今回のランキングは資産運用で作成していますが、副収入という題目で考えれば、ネットビジネスやSOHO、週末起業などなど、様々な副収入の形態がありますので、資産運用以外にもライフプランニングに有益な方法はあるかもしれません。いったん今回は、時間を縛られることなく、サラリーマンの副収入に最適な不労所得に着目してみましょう。

不労所得というと、日本で一番初めに思いつくのは定期預金ではないでしょうか。日本人は投資よりも預金によって資産運用をするケースが非常に多いそうです。しかも20年位前は定期預金は立派な不労所得でした。年率6%の利回りが期待できました。

ここで「72の法則」を踏まえて紹介します。「72の法則」とは元本が2倍になる年数を算出するための法則で、「72÷年率=年数」と計算します。
そのため、年率6%ならば12年で、預けた金額が2倍になるということです。これはすごいですね。これなら十分資産運用の価値があります。

しかし2012年現在、定期預金もいいところで1%前後。さっきの72の法則を適用すると、定期預金して利子で元本を2倍にするには72年かかることになります。

さて、現在は定期預金よりも利率のよい投資とはなんでしょう。

>>この記事が参考になったら応援クリックお願いします<<

posted by コタロウ at 01:00 | Comment(0) | ライフスタイル>資産運用
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: